わたしは勉強ができない【15】

⬇︎前回のお話はこちら⬇︎

わたしは勉強ができない【14】

 

わたしは勉強ができない【15】

 

 

 

 

 

 

 

大人はみんなわたしが嫌い?

 

勉強ができなくても

片付けができなくても

集中力が続かなくても

それはまず置いておいて

“あなたが大切”と子どもの私にも分かるように伝えてくれる人。

“困った子”と最初から決めつけずに、向き合おうとしてくれる大人が傍にいて欲しかった。

『あなたのためを思って…』

『あなたの将来のために言っている…』

『ここで頑張れないと大人になっても頑張れない…』

今思えばどれも間違っていない。私もそう言ってしまうかもしれない。

でも当時の私が求めていた言葉はそうじゃない。

私の好きなもの、楽しいと思うものを聞いてくれた人はいなかった。

 

大人はみんなわたしが嫌い?

でもこの先生と出会って、大人も捨てたもんじゃないと思えました。

私は変わっていきます。