わたしは勉強ができない⑩

⬇︎前回のお話はこちら⬇︎

わたしは勉強ができない⑨

 

わたしは勉強ができない⑩

 

 

 

 

 

 

 

あの日の落書きが今の私を作ってる

漫画を読んだり、絵を描いている時間が唯一、

嫌なことを忘れられる時間。

好きなページを模写して、満足な仕上がりのものは部屋の壁に

ペタペタと貼る。幸せな時間。

こんな風に目を描いてるんだ

手を描くのって難しいなぁ

この洋服可愛いから後で自分でも書き直してみよう

特別うまいわけじゃない。

私より絵が上手い子もいた。でも上手い下手より

描いているだけで癒される気がしました。

誰にも邪魔されない私だけの世界。

 

そして絵を描いてばかりの私に大人が言うお決まりのセリフ

『そんなことする暇あるなら勉強しなさい』

『その情熱を少しは勉強に…』

それが出来ていたらこんなに苦労してない。

私の好きなものまでダメって言うんだ。

この人達何にも分かってないなぁ。

と思っていました(笑) (すれてる)