わたしは勉強ができない【30】

⬇︎前回のお話はこちら⬇︎

わたしは勉強ができない【29】

 

 

わたしは勉強ができない【30】

 

 

 

 

 

あとがき&次回作お披露目!

 

 

 

 

前編完結!

わたしは勉強ができないシリーズ前編、最後までお読みいただきありがとうございました。

もうね…小学生時代の暗さったらね…

過去の傷をえぐられるようで、描きながら落ち込む日々でした。

こんな幼少期を皆さんにさらけ出して、フォロワーさん絶対引くだろうな…と思ったりもして。

でも、予想を反して

実は私もそうだった。私だけじゃなかったんだ。

このお話を通して、過去の自分を客観的に見れたし、受け入れられた。

とお声をいただいたりして。驚きでした。

そして、次に多かったのはお子さんが私と同じ状況パターン。

子どもの考えてることがわからなくて、つい怒ってしまう。毎日辛い。

でも、このお話を読んだらこの子もおなじことを考えているんじゃ?と思えた。

中には、後半にいくにつれてやっとぶりこが報われて嬉しい!と言ってくれる方も。

誰かの気付きや心の支え、日々の楽しみになれたことを嬉しく思います。

私の人生は高校卒業後から!というくらい、これからパワーアップして頑張って行きます。

苦労してないでしょ?なんでも器用に出来てすごいね。恵まれてるね。なんでも出来て羨ましい!

違う。そうじゃない。

頑張れるのは、過去の沢山の涙や悔しさがあったから。

あの時辛かった自分が報われるような生き方をしたいとずっと思っています。

時々、見かけたコメント

『私もこんな素敵な先生に出会っていたら…』

確かに、私はあの先生に出会えたことが大きな転機です。

皆さんもこの漫画を通して、あの先生に出会ったと思ってもらえたら嬉しいです。

そしたら、何がしたい?どうなりたい?

年齢とか母だからとか縛られず、自分を信じて、自分の心の声に正直に。

考えてみてくださいね。

 

では、ここからのぶりこの快進撃をお楽しみに。

いつもありがとうございます。